【ChessRush】Season7Week6 トップランカーのSeason7での戦術まとめ3選

勝ちたいならこの記事を読めばいい。現環境の決定版と言い切れます!

Season7も残り3週間となりました。今からKing目指すのもできなくはないです。しかし、その場合圧倒的な勝ち方を身につける必要があります。もちろんたくさんの対局をプレイする必要はあります。ただ、勝率が低ければ大変。高ければいける。そういうことです。トップランカーが勝ち続けるための技術を今回はまとめました。

まずは環境を把握しよう。

今の環境ではトップランカーが使用しているシナジーはほとんど決まっています。Chess Summitで使用されているシナジーも決まっています。それは下記です。

  • ハンター (Hunter)
  • パニッシャー (Punisher)
  • アサシン  (Assassin)
  • ソーサラー  (Sorcerer)

実際にトップが使用しているのはここですね。というのも勝てるかも?っていうシナジーは使わないんです。ウォーリアがたくさん集まっても、最後は上記のいずれかに持っていく事が多いんです。そのための戦術はプレイしていけば必ず磨けます。

また、同じシナジーをしているプレイヤーが多ければ、必要なHeroを集める事が難しくなるので、そのシナジーから離れていきたくなります。そこで、相手の状況と自分の状況を常に把握しながらシナジー継続するのか、移るのかを決めていきます。そのように対局中は常に相手の状況を把握しておきましょう。コスト5のHeroを引いたなとか、グル持ってるなとかで最初は大丈夫です。最終的には相手Heroの布陣を認識できるところまで持っていきたいですね。継続してやっていきましょう。

自分のやりたいシナジーという感情を捨てる。

『100戦してたまにはサモビしたいなぁ。。。』って思っても、上記以外は使ってはいけません。本気でランクを上げていきたいのなら。勝たなきゃいけないのであればですね。正直なところ、世界大会の時とかも勝つための戦略なので、使用するシナジーは固定していました。『俺はこれが使いたい!』なんて思っていればまず勝てません。勝ててもたまたまになってしまう事が多いです。そういうのはカスタムなどでプレイすればいいと思います。勝つための鬼にならなければGuru8以降はなかなか勝てないと思います。

トッププレイヤーの使用しているシナジーを徹底的にパクれ!

正直、トップになることはなかなか難しいんです。3位の人が1位を目指すことはできるのですが、100位が1位になることは非常に困難です。時間がかかるので。そこで、上位が使用しているシナジーを徹底的にパクれば100位くらいまではいく事ができるという事です。で、ここで紹介するのは、そのシナジーです。

上記した使用しているシナジーも優先順位があります。

  1. ハンター
  2. アサシン
  3. ソーサラー
  4. パニッシャー

意外に思われた人もいるかもしれませんね。ただ、これにも理由がしっかりとあります。

6パニッシャーは4位

まず、パニッシャーが4になっている理由は端的に6パニッシャーを築くためには運が必要になりやすいところがあります。必要なHeroが事細かに決まっているものは難しかったりします。下記を参照するとわかるように、勝ち切るためにはコスト1のHeroの星を3に上げる事が必須条件だったりします。その時点で比較的競争率が低くないといけない状況になるわけです。そのことをしっかりと序盤に確認しながら選ぶ必要があります。最初の8ターンでナイチンゲールがしっかりと引けていたり、ウリエルがしっかりと育ったりしている事から、6パニッシャーを取り入れていく感じです。その確率は低いので、4位にしました。

第一選択は6ハンター

これは今の環境がかなりハンターが強い環境にある事に由来します。もう一つは6体のハンター、2体のワーロック、あとはコスト5のレジェンドHeroを2体いれるというように8体の編成で比較的優位になりやすいんです。また、ハンターのHeroの編成コストにばらつきもあるので、棋士レベルが上がるにつれてしっかりとその時に必要なHeroを引きやすくなります。そのため結果的に成長させやすい環境なんです。その意味でも使用率は高いです。むしろ、自分がハンターを使うんだ!って意気込んでいるプレイヤーもいるでしょう。トップランカーの多い対局では6ハンターをやっているプレイヤーが8人中4人なんてこともあります。もちろん、残りの2枠にオリジナリティをもたらしたり、敵プレイヤーに対して有利になるHeroを持つ必要があります。その駆け引きができる時点で、4位以上は確実な状況でしょうね。きちんと棋士レベル管理ができているので。具体的なものは下記に示しておきますね。

第2選択はアサシン

これまで述べてきたように、ハンターが強いんです。そこで、ハンターをメタにできるシナジーとしてアサシンを使用されている事が多いです。つまり、ハンターが多いのであれば、アサシンをしっかりと確保に移っていくべきでしょうね。ちなみに予測される編成は6体のアサシンと2体のワーロックの8体編成に2体のレジェンドHeroを取り入れる事ですね。実際に編成を築いていくためには1ターン目からコスト2のアサシンHeroを確保していく必要があります。ワーロックは逃してはいけないでしょう。そのようにプレイしていきます。もちろん常に敵の状況の把握をしていきます。そこからハンターかアサシンかに振っていくという戦術が多いですね。

実はYouTubeとかでこの部分を見せても地味なんで、視聴率は上がっていません。が、この部分を見ずして勝てるわけがない!そういう地味な駆け引きをしていることを知るべきでしょう。一応最終形態はまた下記に示しておきます。が、そこにいくまでの過程をしっかりと技術として獲得していきましょう。

ソーサラー は最終選択

なぜソーサラー は最終選択でいいのか。別に弱くはありません。しかし、確実に言えることは序盤引けないと弱いんですよ。中盤から終盤になって引けていって末広がりに強くなっていくシナジーなので。『序盤にライフ削られても最後勝てばいいじゃないか!』って思われるかもしれませんが、そんなライフを雑に扱っていると上位では勝てません。1でも残せるように戦略をしっかりと立てる必要があります。そのことをしっかりと考えて、負け辛い編成を築きながら棋士レベルが9になった際に強いソーサラー Heroを集めて強力に育てていくような流れです。つまり、序盤の棋士レベル5、6くらいまではそこまで焦る必要がありません。そこで、ハンターもアサシンも引けていないけれど、ソーサラー のHeroがたまたま寄ってきたし周りは使っていないからここなら勝てるな!っていうタイミングで選択されるものです。

同じような優先順位で選択されるシナジーが実はもう一つありますが、それは6Cyborgですね。そのことを心得ていればしっかりと勝てると思います。もちろん、6Cyborg+3Sorcererであればハンターやアサシンよりも育ちやすくなります。

最後に

今回はSeason7も終盤戦になってきましたので、現環境において確実に勝つための方法をまとめてみました。日本国内プレイヤーのさらなる発展を目指してまた記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

何か気になることやコメントがあれば下記に書き込みをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

男性看護師やってますが、マルチポテンシャライトです。 趣味は携帯アプリ!e sportsもあるし… ウクレレやサックスなんかもやってます! ラグビーやバスケットボールもやったりします。